ラングラー

待望のWrangler登場!

1941年の誕生以来、その歴史を培ってきた一台が、新たな進化を遂げる。11年ぶりに生まれ変わるWranglerがいよいよ登場しました。

伝統を継承しながら、モダンに洗練させたスタイル。

誕生以来、脈々と受け継がれてきたデザインアイデンティティであるフロントグリルに2つのヘッドライトと7本のグリルがデザインされ、丸型ヘッドライトをスロットグリルにめり込ませるなど、CJシリーズとの親和性を強調したアイコニックなデザインとなっています。
Jeepのイノベーションを表現するLEDライトを採用。アルミ製パーツを一部採用し、軽量化と燃費向上を実現しました。

ヘリテージを受け継ぎながら、クオリティを一新したインテリア。

ドアを開けてまず目に入るのが、CJシリーズ、Wrangler YJをオマージュしたインストルメントパネルとそのデザインディテールです。
シートバックアングルの改善やフットスペースの拡大など、快適性を格段に向上させたリアシート。手が届きやすく設計し直したシフトノブやカップホルダーなど。乗る人の快適性を一番に追求したインテリアになっています。

本物の自由へと続く、Wrangler史上最強の走破性。

絶え間ない進化が生んだ新4×4システムなど、より一層鍛え上げられたJeepⓇ本来の揺るぎない走破性。
最高出力272ps / 最大トルク400N・mを生み出す2.0ℓ 直列4気筒DOHCターボエンジンと、最高出力284ps、最大トルク347N・mの3.6ℓ V型6気筒DOHCエンジンの2種類が用意されています。
エンジンのパワーは新しい8速オートマチックトランスミッションで伝達され、あらゆる路面でより滑らかなドライビングを実現します。